新宿の人妻・熟女デリヘル♪待ち合わせ風俗の完熟ばなな

  • Jul
  • 11

完熟ばなな新宿店、みゆです*

2020/7/11 11:58

こんにちは(*´∀`)♪
本日出勤しています!
22時までお店にいますので、よろしくお願いします(*´ー`*)
ご予約してくださった方、ありがとうございます!
昼食のサラダに、ヤングコーンが入っていたのですが、嬉しかったです(*^。^*)
完熟ばなな新宿店、みゆです*

>>続きを読む

  • Jul
  • 11

完熟ばなな新宿店のみどりです

2020/7/11 09:02

風が強く吹いていますね、それすらも心地良く感じています梅雨時、お身体の調子はいかがでしょうか?私は暑さに弱いので、日々対策中です今日はこれを身に付けてまいります♪着ているところを想像してね(*´艸`*)写メ日記も始めましたが、写真を最初に載せられずにいます創意工夫も大切ですね本日12時〜20時迄おりますので、宜しくお願い致します\(//∇//)\天候が変わりやすいので、雨具の用意をお忘れずに〜完熟ばなな新宿店♡みどり

>>続きを読む

  • Jul
  • 11

完熟ばなな新宿店「れん」です

2020/7/11 08:35

 皆さまおはようございます(^-^)  れんです東京の雨は昨日午後に止みました今日は久しぶりに朝から雨の姿が見当たらず、雲が広がっています。それでも傘のマークはありますので、お出かけの際は傘をお持ちになってお出かけくださいね。皆様は週末の土曜日ですねお仕事の方はお疲れ様です。お休みの方は疲れた心身をよくお休みくださいね。わたしの好きな脚本家の一人である野島伸司さんについて、7月7日のブログで語らせていただきましたが、ブログのupがうまくいかなかったため、今日は7日の日記の中の野島さんの部分のみ同じことを綴らせていただきます。野島さんのお話に続きがあるので、同じ文面をお読みになる方は申し訳ありません。今日は7日と同じ部分とその続きを綴らせていただきます。☆☆☆☆☆☆☆☆ 以下7日に書いた内容及びその続きです  野島真司さんのお話となります。脚本家の野島伸司さん数々のヒット作を生み出していらっしゃいますが、脚本家になる前には、大学を中退し、ブラブラしている時期があったり、青森の缶詰工場の住み込みで、深夜零時から正午まで、強い焦りを感じながらも、まるでロボットのように無言で夜通し働いていたりそんな人生の模索時期があったようです。東京に上京して恵比寿のパブスナックで働いていた時に、野島さんに、脚本家になるきっかけがあったそうです。ある日泥酔したホステスさんから、「あんた、若いのに夢や目標はないの?」とお説教された際に、自己流でどうにか一本のシナリオを書き上げ、それをそのホステスさんに見せたところ、ホステスさんは、「私は素人だからよくわからない。誰かプロの人に見てもらいなよ」と言われたそうです。 有名な脚本家といえば、当時真っ先に思い浮かんだのが、『パパはニュースキャスター』などを手がけた伴一彦さんで、もちろんツテなどなく、調べてみると伴さんは都内のシナリオ学校で講師をやっていることがわかり、勢いというのは怖いもので、野島さんはすぐに原稿を持ってその学校へ行き、伴さんに渡すことに成功したそうです。 すると、その脚本に多少なりとも見るべきところがあったのか、数日後、伴さんから恵比寿の店に電話がかかってきました。「フジテレビのプロデューサーに会ってみなさい」と。 このときに紹介されたのが、『北の国から』や『白線流し』を手がけた山田良明さんだそうです。ここから野島伸司さんは、急速に脚本家への道を歩み始めることとなりました。 当時のフジテレビはバラエティ全盛期であった反面、ドラマが弱いと言われていたそうです。そのため、新しい戦力を育てようという機運が盛り上がっていて、ちょうどそのタイミングで現れたのが、野島さんだそうです。 そこで様々なアドバイスを受け、脚本の基礎を勉強するうちに、山田プロデューサーから前年に創設されたばかりの「フジテレビヤングシナリオ大賞」への応募を勧められ、結果、野島伸司さんは第二回の受賞者となり、脚本家デビューを果たすことになったそうです。このときの受賞作は、僕自身の幼少期の体験をベースに描いた『時には母のない子のように』という作品で、後にドラマ化もされました。☆☆☆☆☆☆☆☆ここから先が7日のプログで野島伸司さんについて綴った続きとなります。野島さんはデビューからほどなく、予定していた連ドラの脚本家に空きが出て、新人の僕に声がかかりました。これが初の連続ドラマ、『君が嘘をついた』(一九八八年)でした。この作品が話題になったおかげで、その後はコンスタントに仕事が舞い込むようになり、『愛しあってるかい!』(八九年)『101回目のプロポーズ』(九一年)、『愛という名のもとに』(九二年)など、ヒット作にも恵まれます。この時期はとにかく無我夢中だったようです。寝る間も惜しんで書き続け、時にはぶっ倒れる寸前までワープロに向かうこともあったそうですが、缶詰工場で働いていた頃、何でもいいから何者かになりたいと強く願っていた野島さんにとって、手を休めるのが不安でならなかったそうです。 そんな中、ひとつの転機となった作品が、一九九三年にTBS系列で放映された『高校教師』です。これは野島さんが初めてフジテレビを離れて書いた作品で、だからこそ、それまで書けなかったダークな世界に思い切って挑戦するきっかけにもなり、教師と生徒の恋愛や近親相姦、強姦、自殺といった、当時あまり扱われることのなかったタブーに切り込んだことで、この作品は大きな反響を呼びました。それと同時に様々な批判も受けたそうですが、、無難なトレンディドラマばかり書き続けることにどこか物足りなさを感じ始めていた野島さんは、こうした作品で成功できたのは、非常に意味があることに思え、この経験がその後、『未成年』で少年犯罪を、『聖者の行進』で知的障害を扱うきっかけとなりました。こうして野島さんは少しずつ着実に実績を積むうちに、脚本以外の部分にも手を出せるようになってきます。主題歌もそのひとつです。 基本的に主題歌は何かのバーターであったり、演者の事務所の都合で決められることが多いのですが、やはり物語の世界観を表現する上で非常に大切なものと考えた野島さんはある時期から僕は、主題歌も自分で決めるようになりました。『高校教師』で森田童子さんの楽曲(「ぼくたちの失敗」)にこだわったのもその一例で、主題歌とドラマの世界観がぴたりとハマり、大きな反響を呼びました。この他にも、『この世の果て』では当初、古い洋楽がメインテーマに予定されていましたが、野島さんが尾崎豊さんの「OH MY LITTLE GIRL」をプロデューサーに聴かせて、これこそが物語の世界観に近い楽曲だと説得した経緯があったようです。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』ではサイモン&ガーファンクルを、『未成年』ではカーペンターズをそれぞれ挿入歌に使用したのも同様のケースです。アイデアや題材は、日頃からストックしているわけではなく、仕事としてオファーを受け、何かを書かなければならない状態になって初めて思いつくのが野島さんのスタイで、事前にメモしておいたネタなどは、ほとんど使わないそうです。最近の野島さんは一日のうち二、三時間くらいしか仕事をしていないそうです。何故か?というと集中力がそのくらいしか続かないためだそうです。物書きというのは疲れてくると、どうしても楽な展開を選んでしまいがちなので、そうなる前に書けるだけ書いてしまおうというお考えがあるようです。その代わり、作業中はタバコを咥えているのを忘れ、唇を火傷してしまうくらい集中していて、最近は仕事中の喫煙をやめているそうです。火傷してしまうって、、その集中力、素晴らしくもあり凄まじいですよね、、執筆する際に大切にしているのはライブ感だそうです。あまり先の展開を細かく決めないようにしていて、例えばもし家の中のシーンを書いているうちに、「そろそろ外のシーンを書きたいな」と思ったら、すぐに場面を変えてしまう。いわば生理的な感覚で展開を決めていて、集中できているときは、それがうまく運び、そして、その場の勢いで書けるところまで一気に書き上げることができるそうです。脚本ではありませんが、野島さんが手がけたSMAPの『らいおんハート』の歌詞にしても、お酒を飲んでいたときの勢いに任せて、数分で書いたものだそうです。数分であの歌詞??、、、驚きですよね、、テーマに沿った情景を思い浮かべる、強い言葉やフレーズを見つけて、一気に書き上げる。歌詞の場合はとくに、そうした勢いが大切だと仰られています。これはドラマの脚本にも通ずるポイントかもしれなくて、強いセリフ、キャッチーな言葉を駆使して、その場面の空気を表現するそうです。有能な脚本家の方は大勢いらっしゃいますが、野島真司さんの場合、歌詞、小説、絵本など、創作の幅が広く多岐にわたり、ご活躍されていて、野島さんにしか出来ない他に類を見ない脚本家のあり方を教えていただけたように思いました。因みに野島さんに脚本家になっていなかったら、どんな仕事をしていると思いますか?と問うと想像もつかないけど、働いていたパブスナックを任されて、店長でもやっていたかもしれませんねとお応えになられたそうですよ。。そんな姿も想像すると実に面白いですが、、きっと、もしきっかけが違かったとしても彼の運命が、なんらかの形で脚本家の道へ導いたのは間違いないと思います。もう一つ興味深い受け応えをされていてストレスに対して伺うと、特に解消法はないらしく、常にストレスはあり、慣れてしまったというか耐性ができたとのことです。誰しもストレスがあるかと思いますが、このような応えを聞くと、私自身も絶対これ!!という明確なストレス解消法がないので、わたしもまだまだだな、、などと感じてみたり、何となく気が抜けたというか、別にこれ!!っていうものがなくてもいいんだぁ、と何だか気持ちが楽になりました。皆さまも人それぞれに色々あるかと思いますが、私との時間が皆様のストレス解消になれるかわかりませんが、そんな大それた存在には慣れなくとも、なんとなく心地よいな、、と思っていただける存在になれるようになりたいと常日頃から思っております。かなりな長文で、肝心の7日以降の文面まで読めなかったかもしれませんね。もしも気が向いたら少しお時間あります時にでもしょうがない、ちょっと覗いてみるか、、とそんな軽い気持ちでお読み下さりましたら幸いです。それでは、長い長い日記でわたしの一日が始まりました今日も皆様が気分良く楽しい一日をお過ごしになられますようにと願っております。それでは、 本日もどうぞ宜しくお願いいたします。    れんより   

>>続きを読む


PageTop
× 閉じる

新着情報

更新情報